コレはツカエル!FX業者のサービス|ZuluTrade(ズールトレード)で自動売買システムトレード


FX口座開設ナビ!TOP >  ZuluTrade(ズールトレード)で自動売買システムトレード

ZuluTrade(ズールトレード)で自動売買システムトレード
ZuluTrade(ズールトレード) ココがすごい!
『知らない間に利益が挙がっている』
そんな夢のような事があったら、うれしくないですか?

ZuluTradeは今、世界中のトレーダーの間で話題になっているシステムです。優秀なトレーダーの売買を、自分のFX口座と連動させる事が出来ます。

しかもZuluTradeは自動売買システムです。我々がやる事は、システムを選んで稼働させるだけです。パソコンの電源を切っていても、あとは勝手に売買をしてくれます。
ZuluTrade(ズールトレード)を詳しく説明
ZuluTradeは海外のサービスなので、申し込みが若干面倒ですが、それ以上の価値がありますから、是非チャレンジしてください。

また、ZuluTradeはFX業者ではなく、サービスを提供している会社です。実際に取引を行う上で、他のFX業者に口座が必要になります。

ほとんどは日本語のページなので大丈夫だとは思いますが、わからない時はyahoo翻訳などを使えば、問題なく出来ると思います。

デモ口座開設|リアル口座開設

デモ口座、リアル口座ともコチラのページから口座開設可能です。デモトレードがあるので、デモで試してみるものいいと思います。

デモ口座の場合は名前と電話番号は適当でも開設出来ました。

リアル口座開設の場合は、ウィザードに従って進んで行きます。はじめにFX業者を選択するのですが、ウィザードに表示されているFX業者の口座を持っていれば、その口座を選択してください。(FXCMとFXCMジャパンは別会社です)



日本では上の4つが有名でしょうか。私は日本語サポートがあって、キャッシュバックもあるので【AVA FX】にしました。

※今はAAAFxが人気みたいです。スプレッドも低いので、AAAFxの方がいいかもしれません

その後はウィザードに従って進んでいけばわかると思いますが、電話番号の記入欄だけ注意してください。

電話番号は国番号から入力するのですが、例えば電話番号が(03-1234-5678)だったら、(81312345678)と記入します。はじめの「81」が日本の国番号になり、日本の電話番号の頭に来る「0」は省略します。

同意書に同意すると、FX業者に口座が無い人は口座開設のページを開きます。先に「契約書のダウンロード」をクリックして、PDFファイルをダウンロードしておきましょう。

AVA FX口座開設方法

私が口座開設したのは【AVA FX】なので、ここではAVA FXの口座開設方法を説明したいと思います。

まず、ZuluTradeからのリンクだと、英語のページに飛びますので、ページ上部の「日本語」をクリックすると日本語のページになります。『新規口座開設はこちら』をクリックします。

あとは住所情報などを記入していきますが、口座タイプの所で
「Silver:min.deposit 100」などと書かれています。ここで口座のコースを選ぶわけです。最低入金額によって選んでください。

口座タイプ 初回最低入金額 キャッシュバック
Silver $100〜 $50
Goid $1000〜 $100
Platinum $10000〜 $1200

口座通貨は、私は日本円を選択しました。
全ての記入が終わり、規約に同意すると、口座開設のお知らせメールが届きます。入金はクレジットカードでも出来るので便利です。

契約書(POA)をAVA FXに送る

ZuluTradeからダウンロードした契約書(POA)は、ZuluTradeとFX業者(今回はAVA FX)を結ぶ契約書になります。POAをAVA FXに送り、承認される事により、ZuluTradeが使えるようになります。

POAは2枚目と3枚目の最後にサインと日付、3枚目の上部にローマ字で名前を書きます。日付は2010年1月2日だったら、「2,1,2010」のように記入します。

記入したらAVA FXに送るのですが、FAX、Eメール、HPからのアップロードのいずれかで送ります。

私はデジカメで撮影してHPからアップロードしました。マイページからアップロードできます。

AVA FXに身分証明書、住所確認書類を送る

AVA FXにPOAを送ると、メールが届くと思います。

↓↓↓原文のコピペ(名前は伏字)↓↓↓

AVAFXの**と申します。
この度はZuluへご登録ありがとうございました。
Zuluと接続する為に、その他以下の書類をお送り頂く必要がございます。
1、写真付きの身分証明書
2、ご登録のご住所が確認できますお客様名義の公共料金の明細書(水道料金、電気料金、携帯電話の明細書、カード明細書、住民票、国や市役所からの郵便物でも結構です)

↑↑↑ここまで↑↑↑


これもデジカメで撮影して、HPからアップロードしました。


後日、ZuluTradeからアカウントIDのメールが届いたら、手続き完了です。

ZuluTradeの運用方法

ここからは実際にZuluTradeを運用する方法を説明します。
まずはログインして、パフォーマンスのページに行きます。



たくさんのシステムから、自分が使いたいシステムを選択するわけですが、非常にたくさんあるので、迷ってしまいます。各システムの成績も詳細に出ているのですが、それぞれのタイトルをクリックすると昇順、降順に並び変えられます。

人気のシステムは、稼げるから人気なのでしょう。なので人気順に並べてみたいと思います。赤で囲んである場所の「フォロワー」をクリックします。



とりあえず、人気TOP5で、どれを使うか選択してみたいと思います。

一番人気のシステムは、やはりかなり稼げているみたいです。TOP5の中でもダントツに稼げていますね。勝率がなんと98%です。ただ、最大ドローダウンが12800pipsと、こちらもかなり大きいので、ちょっと使うには勇気が要ります。

二番人気のシステムは、利益はこの中で一番少ないのですが、最大ドローダウンが、この中では一番低いので、低リスクに運用出来ると予想されます。

このように、それぞれに特徴があるので、自分が何を目的に運用するか、リスク許容はどの程度なのかによって、システムを選んでください。

今回はとりあえず、低リスク運用したいので二番人気のシステムを利用したいと思います。



使いたいシステムプロバイダーの「+」マークをクリックします。ウィザードが出ますので、ロットを入力し、「シグナルプロバイダーの追加」をクリックします。シグナルプロバイダーは複数運用が可能ですが、その分のリスクも高くなりますので、口座状況と相談してください。

マイアカウント>>設定で、現在のシグナルプロバイダーの状態を見る事が出来ます。



シグナルプロバイダの設定の変更なども、このページで行います。


お疲れ様でした。ココまで設定すれば、あとはZuluTradeが勝手に売買をしてくれます。これで画面に張り付く事もなく、自動売買をしてくれます。

トレードが好きな人も、自分のトレードのリスクヘッジとしても使えます。かなり使えるシステムなので、是非チャレンジしてみてください。

>>ZuluTradeの口座開設はこちらから