ポイントアンドフィギュア(P&F) 先生のテクニカル分析講座


FX口座開設ナビ!TOP >  ポイントアンドフィギュア(P&F) 先生のテクニカル分析講座

ポイントアンドフィギュア(P&F) 先生のテクニカル分析講座

最後に先生が好きな分析、ポイントアンドフィギュアを教えるぞ。個人的には好きなんだが、実は日本ではそれほどメジャーな分析ではなかったりするんだ。



そうなんですか?




ただ、アメリカのファンドマネージャーなんかがよく使っているらしい。
早速見てみようか。


↑クリックで別窓が開きます。



なんか他のチャートとはちょっと違った感じですね。




ポイントアンドフィギュアは時間的観点を無視して、実際の値動きのみを記入して行く手法なんだ。一般的に三枠変換といって、3つ分の値動きのあった時に記入して行く。まぁ、チャートが勝手にやってくれるんだがな。



上がった時が「×」、下がった時が「○」ですよね?売買サインはどう見るんすか?




いくつか例を出して説明して行くぞ。



このように「前回の天井」を超えた時の事を「ブレイクアウト」と言って、市場参加者の心理的な壁を越えた事を意味する。つまりココが買いサインだ。

逆に



このように「前回の底」を割った時も、市場参加者の心理的な壁を越えた事を意味するので、売りサインになるな。



なるほど・・・。




さらに、



前回の天井と前々回の天井が一緒で、それを超えるとさらに勢いがあることになる。なかなか超えられなかった天井の数が多ければ多いほど、勢いがあることになる。もちろん底でも、原理的には一緒だな。



このケースだと、底も前回と前々回が一緒ですよね?




そうだな。
このような「もみあい」をブレイクした時、一気にトレンドを形成することが多いんだ。



トレンドに乗りたいおいらにはピッタリですね。でも何で日本ではあまり人気がないんすか?



他のテクニカルに比べると、サインが出るのが遅いからかな。日本の投資家は反転を狙う傾向があるから、トレンドに乗るポイントアンドフィギュアは人気がないのかも知れないな。

逆にアメリカでは「流れに乗る」事が一般的な考え方なので、アメリカ的発想の分析なのだろうな。


【NEXT:先生のテクニカル分析講座まとめ